本文へジャンプ

ニュースリリース

制御システム向けサイバーセキュリティ・プラットフォーム
「CyberX Platform」の販売を開始 ~ 国内のエネルギー業界で初の受注を獲得 ~

2019年9月5日

東芝デジタルソリューションズ株式会社

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織 弘信、以下 当社)は、イスラエルに開発拠点をもつCyberX社(本社:米国ボストン、CEO:オメール・シュナイダー氏(Omer Schneider)以下 CyberX)と販売代理店契約を締結し、世界1200ケ所以上の制御システムのネットワークへの導入実績を誇る制御システム向けサイバーセキュリティ・プラットフォーム 「CyberX Platform」の販売を開始しました。既に、国内のエネルギー業界にて初の受注を獲得しており、現在構築を進めています。

 近年、産業や社会の幅広いフィールドへデジタル化が広がり、これまで外部のネットワークから隔離された状態で運用されていた制御システムが、IoTネットワークとつながるケースが増えていますが、これは同時にエネルギーや製造、交通、医療機関といった重要な社会インフラでのセキュリティリスクが高まっていることを意味しています。一方、産業現場では所有している機器やネットワーク、脆弱性が正確に把握できず、どのようなセキュリティリスクが潜んでいるかを把握することが難しいのが現状です。また、リスク管理の対象が人やモノ、サービスにまで広がる制御システムでは、環境レベルを維持しながら機器やシステムの連続した稼働を担保することが最優先に求められ、情報システムと比較してセキュリティ対策が進んでいません。

 こうした課題に応えるため当社は、これまで世界1200ヶ所以上の制御システムでの導入実績を誇る「CyberX Platform」の日本市場への販売を開始します。エネルギー業界を含む東芝グループの産業・社会インフラ向け制御システムの豊富な構築、運用実績と、CyberXの制御システムに特化した資産識別をはじめとする、サイバーセキュリティ対策技術を融合させた制御システム向けセキュリティソリューションを提供します。これまでドキュメントで管理されていた制御ネットワークの最新状況の把握、不正接続監視、異常通信の検出(オペレーション異常、セキュリティイベント)、異常通信の原因分析までをリアルタイムに実施し、資産管理コストの削減を実現します(図1)。

 また、国内の制御システムで多く使用されている日本独自かつ非公開プロトコルに対応することができます。新機能「Horizon Protocol ODE (Open Development Environment) 注1」を利用したプロトコルプラグインを作成することにより、日本の産業現場特有の環境においても資産とネットワークの可視化が可能です。今後、東芝のエネルギー事業や産業分野における制御システムへの対応を進めていきます(図2)。

 当社は今後もセキュリティ技術のイノベーションやパートナーシップの拡大に取り組み、より安全で持続可能な社会づくりに貢献していきます。

このページのトップへ

「CyberX Platform」の特長

制御ネットワークに影響を与えずに、制御ネットワークの詳細情報を把握
学習した基本通信から乖離する異常通信の検出や、原因分析を実現
脆弱性レポートをはじめとする豊富なレポーティング機能で必要な情報を抽出
多種多様な通信プロトコルに対応(オープン+各社独自プロトコル)
直感的に分かりやすい画面表示により、システム管理者だけでなく現場の機器・システムの管理者や作業者との情報共有が容易

図1

制御システムの資産・プロトコルの可視化と、脅威分析を提供

図1:制御システムの資産・プロトコルの可視化と、脅威分析を提供

このページのトップへ

図2

「Horizon Protocol ODE」により、日本の産業現場特有の環境における資産とネットワークの可視化にも対応(イメージ)

図2:「Horizon Protocol ODE」により、日本の産業現場特有の環境における資産とネットワークの可視化にも対応

CyberX社について

国家重要インフラ防御を担う、イスラエル国防軍サイバー部隊出身のエキスパートによって2013年に設立されました。
国防軍における研究開発経験を基に、世界に先駆けて産業用制御システム(ICS:Industrial Control Systems)専用のサイバーセキュリティ・プラットフォームを提供しています。さらに、ICS専門の脆弱性研究チームを有し、その研究成果は世界のICSセキュリティ関連部門から注目されています。

このページのトップへ

  • 注1 Horizon Protocol ODE:お客様ご自身が、独自産業用プロトコルの分析機能をCyberX Sensorに追加するためのツールです。CyberX Sensorに搭載されています。
  • *CyberX Platformは、CyberX Inc.の製品です。
  • *Horizon Protocol ODEは、CyberX Inc.の製品です。
  • *その他、本文章に記載されている社名および商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

以上