本文へジャンプ

ニュースリリース

東芝デジタルソリューションズとエイベックス
AIと音声合成技術を活用し、タレント・著名人の「コエ(声)」の
新たなサービスを展開するための新会社設立に向けた基本合意締結のお知らせ

2019年7月11日

東芝デジタルソリューションズ株式会社

マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信、以下:TDSL)は、エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:松浦勝人、以下:エイベックス)と、TDSLが保有する音声合成技術を活用した声の権利化・流通プラットフォーム「コエステーション」注1 のビジネス拡大を目的に協業することに向けて基本合意しました。今後、両社にて詳細な検討を行い、8月中の正式契約締結を目指します。

 近年、さまざまなデバイスに音声で機器を操作する音声インターフェースが搭載され、そこで使用される音声合成技術を取り巻く市場が急速に拡大しています。そのような中で、エンタテインメント分野においても、デバイスとの音声コミュニケーションを好きなアーティストやタレント、キャラクターの声で楽しみたいといったニーズが高まりつつあります。このような背景のもと、エイベックスグループのエンタテインメント領域におけるサービスのノウハウと、TDSLの「コエステーション」を組み合わせて、新たな音声関連サービスを展開すべく、両社間で協議してきました。

 今回の基本合意により、TDSLは、エイベックスが設立する新会社(以下:新会社)に対して、コエステーションを移管注2,注3 し、音声合成の技術に関するライセンスの提供および出資を行うことで新会社を通してコエステーションのサービスを展開していくことを検討します。

 TDSLは、今後も音声処理・音声合成技術を活用したソリューションならびにライセンス提供を推進していくとともに、音声処理・音声合成分野でのビジネス創出に取り組んでまいります。

◆本事業で実現できる世界観について 例:スマートスピーカーやカーナビを好きなアーティスト・タレント・キャラクターの声で利用できる/人気キャラクターの声で子どもが学習できる/家族の声をいつでも身近に再現できる

このページのトップへ

  • 注1:TDSLの音声合成技術に基づき、演者の声に似せた音声合成用の声辞書(「コエ(声)」)の作成機能、ならびに、声辞書の権利化・流通機能を備えたプラットフォーム。
  • 注2:TDSLが保有する、音声合成技術(音声処理、音声合成基本技術)は移管の対象には含まれません。
    TDSLは、現在TDSLが行っている音声合成技術を活用した事業(コエステーションの運用を除く)について本協業の後も引き続き行います。
  • 注3:コエステーションの移管後は、コエステーションの運用は新会社にて行う予定です。
  • *コエステーション、coestationは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
  • *その他、本文章に記載されている社名および商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

以上