東芝デジタルソリューションズ株式会社

ニュースリリース

2017年7月18日

オープンソースプロジェクト「EdgeX Foundry」に加入しエッジコンピューティングを強化
〜 東芝のIoTアーキテクチャー「SPINEX」によるデジタルトランスフォーメーションを推進 〜

東芝デジタルソリューションズ株式会社

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市 取締役社長 錦織弘信 以下、当社)は、IoTソリューションの普及を加速するオープンソースプロジェクトである「EdgeX Foundry(以下、EdgeX)」に、日本企業として初めて加入しました。EdgeXへの加入により、当社が注力するエッジコンピューティングをさらに強化し、インダストリアル(産業分野における)IoTの発展に貢献していきます。

 EdgeXは、IoTにおけるエッジコンピューティングの普及・促進を加速するエコシステムのためのプラットフォームを開発するグローバルなオープンソースプロジェクトとして、2017年4月にThe Linux Foundationにより設立されました。IoTソリューションおよびエッジコンピューティングにおいて、ハードウェアやOSに依存せずに、デバイス・ソフトウエア・サービス間で相互運用が可能なフレームワークの構築を目的に活動しています。

 当社は、IoTアーキテクチャー「SPINEX」の提供を通じて、さまざまな顧客のデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献しています。SPINEXは、東芝グループの事業領域で長年蓄積してきた技術と知見を、インダストリアル(産業分野)のデジタルトランスフォーメーションを実現するためにまとめあげたIoTアーキテクチャーであり、「エッジコンピューティング」、「デジタルツイン」、「メディアインテリジェンス」の3つの特長を備えています。特にエッジコンピューティングについては、半導体から産業・社会システムまでさまざまな現場でIoTのデータを処理してきた当社はいち早くその重要性を認識し、技術開発に注力してきました。

 EdgeXが開発するプラットフォームは、インダストリアル(産業分野)のエッジコンピューティングにおいて多様なコンポーネントの迅速な導入を実現します。これにより、当社のSPINEXへの多種多様なコンポーネントの導入を容易にし、顧客のデジタルトランスフォーメーションの加速を実現します。同時に、当社のエッジコンピューティングの技術をEdgeXのプラットフォームに適合させることで、グローバルな産業分野での当社IoTソリューションの普及を加速させます。

■EdgeX Foundry
https://www.edgexfoundry.org/     別ウィンドウで開きます

【The Linux Foundation シニア・ディレクター Philip DesAutels氏のコメント】

 EdgeX Foundryはオープンで相互接続可能なソフトウェアプラットフォームを活用することで、エッジコンピューティングとインダストリアルIoTのためのIoTソリューションの普及を促進します。東芝は、自社が保有するコンシューマ製品から公共インフラといった広範なビジネス領域で得た専門性を、EdgeXプロジェクトにもたらします。多数のIoTデバイス・アプリケーション・サービスの間で、迅速で安全な相互接続を可能にする強力なエコシステムを構築するために、東芝の知識と経験がEdgeXと共有されることを私たちはとても嬉しく思っています。

 

以上