東芝デジタルソリューションズ株式会社

ニュースリリース

2017年7月1日

「東芝デジタルソリューションズ株式会社」発足について

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

 このたび、“ 株式会社東芝 インダストリアルICTソリューション社 ”と“ 東芝ソリューション株式会社 ” を一体化し、2017年7月1日付で、新たに “ 東芝デジタルソリューションズ株式会社 ” を発足しました。
 当社は、東芝が140年以上にわたり培ってきた “ものづくり” と、産業現場の知見を生かしたIoTやAIなどの先進技術の結集により、産業領域におけるIoT事業の展開を加速していきます。

 当社は、長年にわたり社会インフラや半導体などの事業で培ってきた技術や知見と、IoTやAIなどの先進技術を結集したIoTアーキテクチャ―「SPINEX」を2016年11月から提供開始しています。IoT技術を活用した遠隔監視サービスは多くのお客様、パートナー様にご利用いただいており、また、IoT関連プロジェクトの案件数は約100件になります。
 また、音声・映像・知識処理で50年以上の技術を有するコミュニケーションAI「RECAIUS」は、AI関連分野で2,000件以上の特許を有し、音声合成、翻訳、対話、画像認識などの商用サービスで100件以上の実績があります。

 当社は、新たな時代に向かい、東芝のICTを結集し、あらゆる変革に俊敏に対応できる会社として新たな歩みを始めました。東芝が長年培ってきた技術と経験を基盤とし、オープンイノベーションや共創によりお客さまのビジネス革新に貢献し、東芝グループのデジタル変革を支えていきます。

このページのトップへ

<東芝デジタルソリューションズ 会社概要>

社名:
東芝デジタルソリューションズ株式会社 (英文名称 Toshiba Digital Solutions Corporation)
資本金:
235億円(2017年7月現在)
本社所在地:
神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34
従業員数:
4,500人(単独 2017年7月現在)/10,200人(連結 2017年7月現在)
事業内容:
システムインテグレーションおよびIoT/AIを活用したデジタル・サービスソリューションの開発・製造・販売
拠点:
本社(川崎市)、北海道支社(札幌市)、東北支社(仙台市)、中部支社(名古屋市)、 関西支社(大阪市)、中国支社(広島市)、九州支社(福岡市)、 北陸支店(富山市)、四国支店(高松市)、 ソリューションセンター(東京都府中市)、ICTインフラサービスセンター(東京都府中市)

このページのトップへ

 

以上