東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

ニュースリリースニュースリリース

東芝ソリューション、統合コンタクトセンタソリューション
CT-SQUARE®にセルフカスタマイズ機能を標準装備し提供開始
〜ユーザ自身で受付画面の追加・変更が可能。
ビジネス環境の変化に迅速に対応できるコンタクトセンタ業務を実現〜

2011年2月15日
  • 東芝ソリューション株式会社

 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:河井信三)は、統合コンタクトセンタソリューションCT-SQUARE®にセルフカスタマイズ機能を標準装備し、2月より提供を開始します。

 これまで、コンタクトセンタソリューション導入企業が受付画面を追加変更する場合、要件を取りまとめてパッケージベンダーへ依頼するなど、都度、時間やコストがかかっていました。そのような中、導入企業からは、昨今の変化が激しい市場に迅速に対応するコンタクトセンタを実現したい、受付画面の追加や変更を自社で行いたいなどの要望が多くなっていました。

 今回、東芝ソリューションは、統合コンタクトセンタソリューションCT-SQUARE®に、プログラミング知識のないユーザでも、簡単に画面をカスタマイズできるツール(セルフカスタマイズ機能 *1)を標準装備し、以下のカスタマイズ要求に対応します。

  • 既存項目名の変更
  • 新規項目の追加
  • 新規情報ブロックの追加
    (新規に情報ブロックを生成し、その情報ブロック内の項目情報を自由に設定可能)

 これにより、例えば、画面項目の名称が変更になった際の「項目名変更」(例1)や、新たに項目の追加が必要となった際の「新規項目追加」(例2)、また、新たなキャンペーンの実施 等、業務追加の対応にともなう「新規情報ブロック追加」(例3)などのカスタマイズを、ユーザ自身が行えるようにすることで、迅速かつローコストで市況の変化に対応できるコンタクトセンタ業務を実現します。

 東芝ソリューションは今後、CT-SQUARE®に本機能を標準装備し拡販、今後3年間で10億円以上の売上を目標とします。

*1
新規に教育などを受けなくても操作可能なユーザビリティ

▲このページのトップへ

●機能概要図

機能概要図
【定義内容】
・フォント(タイプ/サイズ/色)
・必須要否
・型チェック(数値/文字型/日付型)
・範囲チェック(例:10〜100)
・全角半角チェック
・初期値
・選択リスト形式(呼び出し先リスト名指定)

▲このページのトップへ

●利用シーン(例)

例1:項目名変更

受付画面のお客様情報ブロック「お客様コード」「お客様タイプ」「お客様区分」の 項目名称を変更

例1 項目名変更

例2:新規項目追加

受付画面の製品情報ブロックに「ロット番号」「販売店」の項目を追加

例2 新規項目追加

例3:新規情報ブロック追加

製品問い合わせ受付画面に当該製品に対してのアンケート収集情報ブロックを追加

例3 新規情報ブロック追加

▲このページのトップへ

CT-SQUAREは東芝ソリューション株式会社の登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先

  • 東芝ソリューション株式会社 業務ソリューション事業部
  • クロスインダストリーソリューション部
  • クロスインダストリーソリューション技術担当:岩田・冨樫
  • 電話:042-340-6255 e-mail:crm@toshiba-sol.co.jp
  • URL: http://crm.toshiba-sol.co.jp

報道関係者からのお問い合わせ先

ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ
Copyright