本文へジャンプ

第29回 設計・製造ソリューション展 東芝ブースのご案内

2018年6月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催する「第29回 設計・製造ソリューション展」に出展します。

東芝ブースではIoT、DT(デジタルツイン)、AI、ARなどのデジタルテクノロジーでものづくりを変革する製造業向けソリューションをご紹介させていただきます。
わたしたちが幅広い事業領域で培ってきた、メーカーとしてのものづくりの知見とデジタルトランスフォーメーションが実現する、新しい価値に触れていただければ幸いです。是非ご来場ください。

会期:2018年6月20日(水)~22日(金)

時間:10:00〜18:00(最終日17:00終了)

会場:東京ビッグサイト 東展示棟2ホール

主催:リード エグジビジョン ジャパン 株式会社

※展示会情報・招待券申し込みはこちら⇒「第29回 設計・製造ソリューション展」サイトへ(別ウィンドウで開きます。)

~展示コーナーのご案内~

デジタル化によって製造業の変革が進む中、新しい時代で生き残り一層の競争力を発揮するには、IoTやAIなどのデジタルテクノロジーを活用しモノの価値を高める、新たなビジネスモデルへのシフトが重要になりつつあります。東芝はメーカーとして培ってきた、ものづくりの知見と現場で実証された様々な技術をベースに、生産プロセスを革新する「ものづくり」の高度化と、製品価値の向上やサービス創出を目指す「ものづかい」の高度化に向け、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を実現するソリューションをご紹介します。是非展示コーナーにお立ち寄りください。


IoTDT(デジタルツイン)AIAR ご覧になりたい情報を選択してください。

展示コーナーご案内セミナーご案内セミナーご案内セミナーご案内


1.IoT X ものづくり(IoTで、ものづくりを変革)

ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」全体の概要をご紹介します。更に、Meisterシリーズを始めとした、デジタルツインやAIなどの技術を使って高度化されたものづくりの姿をジオラマにて体感頂けます。製造現場での装置データの採取、状態の見える化、不具合時のライン制御による歩留り改善や、それらのデータをデジタルツインを用いてバリューチェーンで活用するユースケースをご紹介します。

関連ソリューション

ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」

東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX(スパインエックス)」


2.DT X ものづくり(デジタルツインで、ものづくりを変革)

デジタルツインでIoTデータ(センシングデータ)と業務データ(PLM、SRM、検査)を関連付け、5W1Hの概念で構造化しデジタル空間上で再現します。それにより、各工程の業務がどう変わり、新たな価値が生まれるかをご紹介すると共に、そのために必要となる各業務ソリューションも合わせてご紹介します。

関連ソリューション

ものづくり情報プラットフォーム 「Meister DigitalTwin」

設計ソリューション with DigitalTwin + PLMソリューション「ENOVIA」

調達ソリューション with DigitalTwin + 戦略調達ソリューション「Meister SRM」

検査ソリューション with DigitalTwin + ウェブ外観検査装置「M9100シリーズ」


3. AI X ものづくり(AIで、ものづくりを変革)

故障原因の特定、異常検知、予測などを行う製造向けAI分析サービスを紹介します。また、自動車をユースケースに、次世代移動体通信ゲートウェイや画像認識、音声合成などのAIを活用し、車と人のコミュニケーションを可能にするコネクテッドカーのユーザーエクスペリエンスをご体感頂けます。

関連ソリューション

東芝アナリティクスAI 「SATLYS(サトリス)」

東芝コミュニケーションAI 「RECAIUS(リカイアス)」

次世代移動体通信ゲートウェイ「Next CGW」


4.AR X ものづくり(ARで、ものづくりを変革)

保守保全の現場業務を支援するARソリューションをご紹介します。カメラに映る現実空間に、リアルタイムに情報を重ね合わせるAR技術と画像認識、音声合成などのAIを活用し、作業の効率化、作業員のマルチスキル化や省人化を可能にする、デジタルトランスフォーメーションを体感頂けます。

関連ソリューション

現場業務のデジタル化ソリューション Meister AR Suite™


※展示会情報・招待券申し込みはこちら⇒「第29回 設計・製造ソリューション展」サイトへ(別ウィンドウで開きます。)

展示会場メインステージでセミナーを開催

IoTアーキテクチャー「SPINEX」をベースにしたものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」とその事例をご紹介

東芝が長年にわたり培ってきた、社会インフラから電子デバイスに至る幅広い事業領域の知見をもとに、AIをはじめとするさまざまな先進技術を結集したIoTアーキテクチャー「SPINEX」。その「SPINEX」をベースに、製造業のバリューチェーン全体を最適化し、これまで以上の高い生産性、品質、価値を実現できる、ものづくりの変革や新たなビジネスモデルの構築を可能にする「Meisterシリーズ」を、事例も含めてご紹介いたします。


展示ソリューションのミニセミナー

各コーナーIoT/DT/AI/ARで展示しているデジタルテクノロジーを活用したミニセミナーを10分間でご紹介いたします。

近日中にラインナップをご紹介いたします。引き続きご覧ください。


※本サイトに記載されている社名、製品名およびシステム名は、各社が商標または登録商標として使用している場合があります。