本文へジャンプ

特長

2つの新機能のご紹介


1.EC倉庫に必要な機能を強化

EC倉庫に必要な機能を強化するイメージ

在庫型(DC)と通過型(TC)の混在に対応
名寄せによる梱包の集約
梱包時の付帯作業支援

定番アイテムを在庫型(DC)で管理し、都度発注アイテムは通過型(TC)で管理する倉庫に導入可能です。
箱数集約のための名寄せ機能により、配送コストを削減。チラシ封入や熨斗など、梱包時の付帯作業を支援する機能で、作業効率化および作業品質向上を実現します。


2.様々な鮮度管理に対応

様々な鮮度管理に対応するイメージ

製造日や賞味期限(消費期限)、日単位や月単位の混在管理
入荷時および出荷時にロット逆転をチェック
製造日や賞味期限(消費期限)の文字をハンディーターミナルで読み込み可能
鮮度期限が迫った在庫の検索が可能
入出荷実績のトレーザビリティ

製造日と賞味期限や、年月日管理と年月管理などの複数の鮮度管理の混在が可能です。
入出荷時の鮮度日付逆転チェックによる水際対策が可能で、鮮度管理のサービス品質を向上します。
製造日や賞味期限(消費期限)のバーコードが無く、箱に日付が印字されているような場合でも、ハンディターミナルで日付文字をスキャンして読み取ることで、入力の手間を省きます。
入出荷時の鮮度日付逆転チェック機能による水際対策や、入出荷可能な鮮度期限が迫った在庫の検索、さらには入出荷した実績のトレーザビリティ機能により、鮮度管理のサービス品質を向上します。


LADOCSuite®の4つの特長


1.倉庫機能と配車機能のジョイントパフォーマンス

倉庫における荷物の管理はもちろん、出庫作業を車両の出門時間に合わせて実施できるように配車機能をドッキング、トラック誘導機能も装備しました。

倉庫機能と配車機能のジョイントパフォーマンスのイメージ

サービス品質向上
配送リードタイムの短縮
延着の低減
作業進捗管理による“作業の見える化”実現
コスト削減
作業効率UPによる生産性向上

WMS(倉庫管理システム)に求められる基本機能に加え、標準機能として配車計画を有しています。あらかじめ計画した配送ルートと出荷予定データを自動的に積み付ける事で、事前にトラックの積載量の確認、出発時間に応じたピッキング作業の波動を可視化し、効率的な作業計画を立案できます。
細かなルーティング等が不要な場合、高価なTMS(輸配送システム)を導入することなく、配車計画の立案が可能となります。


2.パラメータ設定によるお客さま業務フローの実現

LADOCSuite®では、庫内で行われる業務のタイミングや、各種画面表示を短時間で変更できます。

パラメータ設定によるお客さま業務フローの実現のイメージ

サービス品質向上
庫内業務改革を短期間で実現
コスト削減
アドオン、カスタマイズの削減
荷主ニーズの変化に柔軟に対応

製造業、中間流通業、物流サービス業等様々な業種の倉庫管理にご利用いただけます。業種ごとの業務フローの違いや、お客様毎の画面表示項目の変更等は、パッケージに標準装備されるパラメータの設定変更により、実現する事ができます。
カスタマイズ開発を最小化する事で、導入コストを削減し、導入期間を短縮する事が可能です。


3.クラウドサービスもご提供

クラウドコンピューティングに対応したシステム方式を採用しており、オンプレミス型とクラウド型の両方のシステム利用形態に対応。
クライアントの操作性を考慮し立地クライアント方式を採用。

最適なシステム導入方式を選択可能のイメージ

サービス品質向上
ブラウザ使用のシステムに比べ操作性が高い
コスト削減
サーバのクラウド化により初期導入コストを低減

初期導入コストを抑えたいお客様には、クラウド型の導入がお勧めです。
サーバを固定資産として購入する必要がなく、サーバスペックに応じた月額料金のお支払いでご利用いただきます。


4.多言語対応で業務効率アップを実現

物流の国際化に伴い、日本語以外の主要外国語にも対応しています。高品質な物流オペレーションを世界中に拡大できます。

多言語対応で業務効率アップを実現のイメージ

グローバル化
ログインIDによって表示言語を切り替え
日本語、英語、中国語(簡体字)に標準対応
言語の追加が可能
庫内業務における多様な人材活用を支援

システムを利用される担当者毎に、画面に表示される言語を変更する事が可能です。
海外拠点においても、国内と同じシステムを利用する事で、業務フローの統一を行いサービスレベルの均一化が図れます。
標準で日本語、英語、中国語(簡体字)に対応しており、独自の言語辞書機能により、その他の言語の追加についても容易に対応可能です。

注:利用クライアントOS(Windows7)がサポートしている言語が対応可能範囲となります


※LADOCSuite®は株式会社東芝の日本国内における登録商標です。
※本サイトの内容は、予告なく変更する場合があります。
※本サイトに表記されている数値および表現は平成27年7月1日現在のものです。

導入事例

導入事例

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。