本文へジャンプ

イベントレポート

イベント

2018 Japan IT Week春

第7回 IoT/M2M展

2018年5月9日(水)~ 5月11日(金)

2018年5月9日(水)~ 5月11日(金)に、リード エグジビション ジャパン株式会社主催の「2018 Japan IT Week春  第7回 IoT/M2M展」が東京ビッグサイト(東京/有明)で開催されました。

東芝デジタルソリューションズ株式会社は、東芝グループブースにおいて、IoTスタンダードパック、IoTセキュリティ、自動車IoTソリューションなどをご紹介しました。また、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)株式会社ブース、アーム株式会社ブース、ミタチ産業株式会社ブースでも当社ソリューションを展示しました。

  • IoT/M2M展入り口
  • 東芝ブース

展示ブースのご紹介

東芝デジタルソリューションズの提供する幅広いソリューションの中から、以下のソリューションをご紹介しました

 

■IoTスタンダードパック
~ 見える化・遠隔監視を簡単・迅速に実現 ~

東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX」のソリューションの一つとして、東芝が長年培ってきた遠隔監視のノウハウをベースに、必要な機能と運用を含めてワンパッケージとした「IoTスタンダードパック」。

「IoTスタンダードパック」は、ビルや工場などの施設管理や社会インフラの見える化・遠隔監視を迅速かつ簡単に実現できるクラウドサービスです。IoTのファーストステップである見える化・遠隔監視をすぐに始めることで、早期に次のステップであるデータの利活用につなげることができます。また、クラウドとエッジコンピューティングを併用した協調分散処理により、通信コストを削減します。

展示ブースでは、工場設備として射出成型機を例に内部状況を見える化し、クラウド経由で遠隔監視するダッシュボードをデモンストレーションにてご紹介しました。

IoTスタンダードパック展示ブース

■IoTセキュリティ
~ オープン化が進む制御システムをサイバー攻撃から保護 ~

外部ネットワークに接続されオープン化が進む制御システムなどの重要インフラをサイバー攻撃などの脅威から守るため、東芝は制御システムのセキュリティ基準に基づくアセスメント・コンサルティングサービスから、ソリューションまで提供しています。展示ブースで紹介しましたWaterfall一方向セキュリティゲートウェイは、物理的な一方向通信で外部ネットワークからの攻撃を阻止するアプライアンス・ハードウェアです。また、参考出展としてレガシーなエンドポイントはそのままにシステム全体のセキュリティを強化するCYTHEMIS™をご紹介しました。

IoTセキュリティ展示ブース

■自動車IoTソリューション
~ 通信負荷を抑えたインフラ協調型のエッジ・リッチなコネクテッドカーを実現 ~

機器の高機能化と、より快適な環境を実現するものとして音声対話を用いたHMI(ヒューマンマシンインターフェース)に注目が集まっています。今回は、通信負荷を抑えたハイブリッド型音声対話環境や車輛単体での画像活用を行うエッジ・リッチな自動車IoTを実現するVisconti™などの車載半導体、車載ソフトウェアの資産価値を向上させる組込開発用のツールチェーンなどを展示しました。

  • 自動車IoTソリューションのブース

  • 自動車IoTソリューションブース

展示ブースでは画像による道路状況の認識や、音声合成によるガイダンス、ボイストリガーと音声認識による自動車のエアコンやミラーなどの装備品の制御など、通信不要な画像音声連携システムやハイブリッド型音声対話・画像処理をデモンストレーションにてご紹介しました。

 

■設備点検クラウドサービスSharepo

東芝インフラシステムズ株式会社ブースでは、設備点検クラウドサービス「Sharepo(シェアレポ)」が展示されました。
「Sharepo」はソリューションとして、モバイル端末の活用により、点検・検針業務のデジタル化と効率化を支援するクラウドサービスです。今回は既存設備のメーターの数値をタブレット端末で読み取り、画像文字認識によりデータ化する活用シーンをデモンストレーションにてご紹介しました。

  • 設備点検クラウドサービスSharepoのブース

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)株式会社ブース

■NB-IoTを活用したスマートファクトリーソリューション

「東芝のIoTアーキテクチャ「SPINEX」上に、省電力・広カバレッジを特長とするNB-IoT(Narrow Band-IoT)を適用し、電波が届きにくく商用電源の確保が難しい工場屋内における機器の遠隔監視を実現するスマートファクトリーソリューションを紹介しました。

東芝デジタルソリューションズ株式会社とファーウェイは、産業向けIoT分野における協業に合意し、IoT向けLPWA(Low Power Wide Area)の1つであるNB-IoTの活用について検討を進めています。

展示ブースでは、IoTゲートウェイを利用した工場向け異常検知のデモンストレーションをご紹介しました。

アーム株式会社ブース

■mbed Cloud/Edge/OSを適用した東芝IoTアーキテクチャセキュリティ

アーム社が推進するIoT機器向けのセキュアな接続・認証サービスであるmbed Cloudを活用しmbed OS搭載の東芝デバイス&ストレージ株式会社製センサーマイコンと当社のIoTゲートウェイ、mbed CloudとSPINEXの連携によるファクトリーIoT向けのセキュリティ強化に関して紹介しました。

アーム株式会社ブース

ミタチ産業株式会社ブース

■RECAIUS 音声認識ミドルウェア ボイストリガー

半導体、電子部品等のエレクトロニクス商社であるミタチ産業株式会社ブースでは、東芝デジタルソリューションズのRECAIUS 音声認識ミドルウェア ボイストリガーを組み込んだ、コネクテッドホームをコンセプトとした組込ボードが紹介されました。

RECAIUS 音声認識ミドルウェア ボイストリガーは、あらかじめ決めた特定のワードを検出し、トークスイッチレス・ハンズフリーを実現する音声認識ミドルウェアです。展示ブースでは、音声による照明などのON/OFFのデモが紹介されました。