本文へジャンプ
環境への取り組み

ICTによる環境貢献

ICTによる環境貢献の図
社会が直面している課題は、エネルギーの安定供給や資源確保、人口増加、地球温暖化など、多岐にわたり複雑化しています。
東芝グループはエネルギー、インフラなどの分野で数多くの製品・サービスを提供して積み重ねてきたノウハウとICT(情報通信技術)でお客さまや社会と共に新しい価値の創出や社会課題の解決へとつなげていきます。
東芝デジタルソリューションズ株式会社グループは、東芝グループのIoTサービス事業への構造転換とデジタル化社会に向けた、お客様の成長に貢献する会社として、東芝IoTアーキテクチャ―”SPINEX”により、東芝のIoT事業を推進し、先進的なICTソリューションの提供により、社会の環境負荷低減に貢献します。 例えば、東芝のエッジコンピューティングの技術は、ネットワークの負荷を最小限に抑え、CO2排出量の抑制につながっています。
ICTを活用した技術や製品、サービスによって、お客様や社会の課題の一つである環境問題の解決に貢献することを「ICTによる環境貢献」と捉えて、さまざまな取り組みを行っています。

取り組み

◆環境に貢献するソリューション事例

「人に寄り添い、低炭素社会を実現するクラウドAIサービス「RECAIUS(リカイアス)」 (別ウィンドウで開きます)

◆ICTソリューションによる温暖化対策貢献

JEITAでのICTソリューションを通じた各種分野における2030年の温室効果ガス排出削減ポテンシャルの定量的試算の活動に参画しました。この活動結果をまとめた冊子(2016年11月発行)で、当社のICTソリューション事例として「輸送計画ICTソリューションSaaS True Line®」を紹介しています。

JEITA 「ITソリューションによる温暖化対策貢献」のwebサイトへ (別ウィンドウで開きます)

◆省エネ・CO2削減貢献量の算定方法論策定活動

省エネ・CO2削減貢献量の算定に向けて一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)のグリーンIT委員会でのICTによる省エネ・CO2削減貢献量の算定方法論策定の活動に参画しています。

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA) グリーンIT委員会 (別ウィンドウで開きます)