東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

東芝デジタルソリューションズグループ 共通基盤CommonStyle®


東芝デジタルソリューションズグループ 共通基盤CommonStyle®

共通基盤技術を体系的に開発・管理し、その有効活用を徹底することにより、ソリューションの商品力強化と生産性・品質・保守性向上を実現します。

システム開発を支える開発基盤 CommonStyle®
ITの技術革新はビジネスの変化を加速させ、企業価値を高めるチャンスを広げます。
このチャンスを活かすために、新たなビジネス要件に応えるシステムをタイムリーに実現することが望まれています。 急速な技術革新の下で高品質なシステムを短期間で開発するには、システム開発ノウハウの標準化とその再利用が重要になります。 当社ではシステム開発ノウハウを開発プロセスと開発基盤の二つの観点で標準化しています。 開発プロセスは、統合型システム開発標準ISDS®により、システムの企画・立案や要求分析から運用・保守に至る作業プロセスを標準化しています。 また、ISDS®に沿ったシステム開発をサポートするために、システム開発の共通基盤としてCommonStyle®を整備しています。 CommonStyle®は単にフレームワークやコンポーネントなどの部品の提供だけでなく各開発工程における開発手法、開発ノウハウ、開発支援ツールも提供します。

共通基盤体系
このページのトップへ
Copyright