本文へジャンプ

CSR

Corporate Social Responsibility

トップメッセージ

デジタルトランスフォーメーションにより お客様と共に新たな価値を創造し 持続可能な社会の実現に貢献します。 取締役社長 錦織弘信デジタルトランスフォーメーションにより お客様と共に新たな価値を創造し 持続可能な社会の実現に貢献します。 取締役社長 錦織弘信

 東芝デジタルソリューションズは、東芝の柱となる4つの事業である社会インフラ、エネルギー、電子デバイス、デジタルソリューションの中で、IoTやAI技術を活用したデジタルソリューション事業を担っています。あくなき探究心と技術力で、デジタルトランスフォーメーションをリードし、グローバル社会で新たな価値を創造することをミッションとして、ICTの力で、お客さまと共に新たな価値の創造を目指しています。

 グローバル社会が抱えるさまざまな課題は複雑化・深刻化しており、それらの課題解決に向け、企業に対する社会からの期待がますます高まってきています。例えば、2015年に国連サミット※1で採択された「SDGs※2」やCOP21※3で合意された「パリ協定」といった目標達成への積極的な取り組みが求められています。

 私たちは、東芝の強みである社会インフラ、エネルギー、電子デバイスなどのインダストリアル領域において、デジタルソリューションを提供することで、社会的課題を効果的に解決して、新たな価値をお客さまと共創しています。東芝グループが掲げる「人と、地球の、明日のために。」のもと、お客さまと共に成長を目指し、また、私たち自身が個人レベルの意識を高め、さまざまな社会の課題に取り組むことが、企業としての社会的責任であると考えています。

 これが、私たちが考えるCSRです。これからも、生命・安全・法令遵守を最優先に、事業を通じて社会的責任を果たすことで、SDGsなどの世界共通の目標の達成に寄与し、持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

  • ※1:国連持続可能な開発サミット
  • ※2:Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標
  • ※3:国連気候変動枠組条約第21回締約国会議

2018年9月28日
東芝デジタルソリューションズ株式会社
 取締役社長
錦織 弘信

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。