本文へジャンプ

会社概要

事業紹介

デジタルソリューション事業領域

デジタルイノベーションをリードし、グローバル社会で新たな価値を「共創」

東芝グループは140年以上にわたる社会インフラやモノづくりでのノウハウを生かし、IoTや人工知能(AI)など先進のデジタル技術で、お客さまや社会と共に新しい価値を創造していきます。

私たちは社会インフラや製造現場などさまざまな領域で培ってきた幅広い経験やノウハウを結集させた、IoTアーキテクチャー「SPINEX (スパインエックス)」を提供しています。また、長年にわたって研究開発を続けてきたAI技術をベースに、コミュニケーションAI「RECAIUS (リカイアス)」と、アナリティクスAI「SATLYS(サトリス)」を展開しています。

私たちはこれからも、デジタル技術を活用してビジネスを変革し、企業や業界、地域の垣根を越えた「共創」によるオープンイノベーションを次々に生み出し、人々が安心、安全、快適に暮らせる、人にやさしい社会の実現を目指していきます。

IoTアーキテクチャー「SPINEX」

お客さまとの共創により、さまざまな事業領域でIoTを活用した新しいビジネスモデルの創出を目指す
東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX」

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。