本文へジャンプ

特長

東芝が提供するソリューションは、Microsoft製品の活用と独自のサービスを組み合わせることにより、脱Notesの実現や、インターネット上の様々なクラウドサービスを業務に活用したり様々なモバイルデバイスをいつでもどこでも※セキュアに利用する新しい働き方改革を推進します。

※無線・携帯回線でインターネットに接続していることが前提です。

10万人超の社員がいる東芝グループでは、Exchage,SharePoint,Skype,Office 365を活用し、新しい働き方を実践

東芝グループのコミュニケーション基盤の導入・運用、効果を上げるノウハウを活用いただくことで、Microsoftソリューションを短期間で効果的に導入できます。 特に、Microsoftの「Exchange」「SharePoint」「Skype for Business」「Office 365」などのオンプレミス・クラウド製品への乗り換えや、既存のNotes環境からの乗り換えを検討されているお客様、Office 365を導入して効果が出せないお客様に対して東芝ノウハウを最大限に有効活用いただけるよう、ご提供します。

もっと詳しく見る⇒ Microsoft 365 Office 365 働き方改革


Enterprise Mobility + Security (EMS)と東芝のID管理サービスを
組み合わせてセキュリティを強化

クラウド認証・セキュリティサービスでは、東芝の強みであるディレクトリ管理ソリューション 東芝ID管理サービス(TIMS)と、マイクロソフト社のEnterprise Mobility + Security (EMS)を組み合わせた、東芝独自のサービスをご提供します。例えば、Office 365の導入にあたってSharePointのアクセス権(Active Directory、Azure Active Directory)を詳細に設定し、組織変更や人事異動時に自動的にアクセス権を最新の状態にメンテナンスすることができます。

また東芝ID管理サービス(TIMS)は、人事マスタとの連携による組織変更の自動化を行い、管理部門の負荷を軽減します。

もっと詳しく見る⇒ Enterprise Mobility + Security(EMS)

 

東芝14000のNotesデータベースをSarePointへ移行

NotesからSharePointへの移行を強力に推進していくために、東芝グループのNotes移行プロジェクトで得たノウハウ・手法、ドキュメント等を使ってアセスメントを始めとした移行手順や既存環境との連携など、構築と運用に不可欠な検討と実装方法をご提案します。また、東芝独自の「SharePointテンプレート」と「Nintex Workflowテンプレート」といったソリューションを提供し、短期間・低コストでの確実な移行をご支援します。例えば、現状分析ツールでは、Notes データベースを基準に応じて5段階に仕分けし、更に数十種類のSharePointテンプレートに分類することで移行しやすい環境をご提供します。

もっと詳しく見る⇒ Notes移行



『Enterprise Mobility アワード 』受賞

『Microsoft Partner of the Year 2017 AWARD』
東芝デジタルソリューションズ株式会社は、日本マイクロソフト株式会社が主催するマイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017 において『Enterprise Mobility アワード 』を受賞しました 。
⇒プレスリリース内容
2017アワード受賞

写真右から
日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野様
当社クロスドメインソリューション技術第二部 三木
日本マイクロソフト 執行役員 常務パートナー事業本部長 高橋様

『Enterprise Mobility アワード 』受賞コメント

※画像をクリックするとポップアップウィンドウに
Youtube動画が表示されます。


 

当社は複数の分野でコンピテンシーを取得している、マイクロソフト社のパートナー企業です。
コンピテンシーとは、そのビジネス領域で専門性と実績を持っていることを証明するパートナー企業の評価指標です。


Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。